HOME > 老人ホーム・介護施設の種類

老人ホーム・介護施設の種類

老人ホーム・介護施設にはさまざまな種類があります。それぞれの施設によって、入居条件や受けることのできるサービスなどが大きく異なっています。ここでは、どのような施設があるのかを整理します。ご利用者様の置かれている状況や必要としている介護サービス、その他ご希望の条件に最も適した老人ホーム・介護施設を探してみてください。ご相談がありましたら埼玉・紹介のプロ 介護施設紹介センターまでお問い合わせ下さい。

  • 介護付き有料老人ホーム

    介護付き有料老人ホーム

    都道府県の指定(認可)を受けており、主に民間企業が運営しています。

    「特定施設(特定施設入居者生活介護)」と呼ばれることが多いです。

    メリット:
    24時間介護スタッフが常駐しており、手厚いサポートが受けられる。
    自立・要支援で入所したとして、介護度が重くなってもいられる施設です。

    デメリット:
    費用が高額な所が多いので、予算が低い方は難しいです。 
    また、生活保護の方の受け入れも難しい場合が多いです。

  • 住宅型有料老人ホーム

    住宅型有料老人ホーム

    住宅型有料老人ホームは、賃貸住宅の契約となる高齢者の住宅施設で、生活援助や緊急時の対応が受けられます。

    介護サービスは、ケアマネージャーがケアプランを作成してくれて、
    外部の介護サービス事業者から訪問介護や通所介護などを受けるカタチです。

    メリット:
    介護付よりも価格が安い。
    自立型の施設ですと、外出自由な所もある。
    生活保護でも受け入れてくれる施設がある。

    デメリット:
    夜のスタッフは管理人だけという所が多く、24時間介護が必要な方ですと難しい。
    終の住処としていられない所が多い。

  • サービス付き高齢者向け住宅

    サービス付き高齢者向け住宅

    バリアフリー対応の賃貸住宅です。主に民間企業が運営しています。

    安否確認と生活相談のサービスを行っている賃貸住宅です。
    介護サービスは、ケアマネージャーがケアプランを作成し、訪問介護などを手配してもらうカタチです。

    メリット:費用が安いです。
    軽い方が多い一般型、介護度が重い方向けの介護型があり、多種多様な施設があるのが特徴です。

    デメリット:
    食事が自分でとれなかったり、食堂まで一人でこれないとなると入居が難しくなります。

  • グループホーム

    グループホーム

    施設所在地と同じ市区町村にお住まいの方が対象となり、且つそのほとんどが認知症の診断がされていいる事が条件となるケースが多いです。

    認知症や介護が必要な高齢者、障害者が5~9人を1つのユニットとして一緒に居住しながら、日常生活で必要な介護サービスを受けることのできる施設です。

    安否確認サービス、生活相談サービス、食事サービス、介護看護サービスが含まれています。

    メリット:
    住所地の市区町村に入所出来るため、エリアとして近場。

    デメリット:
    施設所在地と同じ市区町村且つ認知症の診断がされているとなると、かなり限定的な条件となる。 
    また、現住所と近いエリアということもあり、空きが少ないケースが多い。 若干費用が高め。

  • 介護老人保健施設

    介護老人保健施設

    医師の管理の元で看護や介護サービス、機能訓練などを受けることができ、リハビリテーションを通して在宅復帰を目指すための施設です。


    3か月に1度、入所の継続を検討されます。

    介護老人保健施設は、定員は通常30人以上となっていますが、30人以下の小規模型も存在します。


    原則、要介護度1以上の方が入居することができます。

    メリット:
    在宅を目指す方にとても良い。
    また、いずれ施設を検討するが、もう少し歩行訓練してからにした胃など、3ヶ月などの中で明確なゴールがある方に良い。

    デメリット:
    要支援の方は入れない。 3ヶ月〜半年などで退所しないとならない。

  • その他施設

    その他施設

    特別養護老人ホーム(特養)や介護療養型医療施設、軽費老人ホーム、養護老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、短期入所療養介護(ショートステイ)などもあります。
    これらは、それぞれ入居条件や行っているサービスは異なっています。
    特別擁護老人ホームは、原則要介護3以上の方でないと入所は難しいです。
    費用は収入に応じて違います。

    メリット:収入に応じて利用費が変わるため、予算内におさまりやすい。

    デメリット:要介護2以下の方の入居は難しい。
    3以上であっても、埋まっていて待機が数十名いるケースも多いため1年待っても入居できないといったケースもある。